アバンチュールの意味とは?何語?類義語・言い換え・使い方を世界一わかりやすく解説!

話す

「アバンチュール」という言葉には、「恋の冒険」という意味があるカタカナ語です。

恋の冒険を表す時によく使われる言葉ですが、正しい使い方を知らないという人もいるのではないでしょうか。

この記事では、「アバンチュール」の意味や使い方などを例文を交えながら、分かりやすく解説していきます。

目次

アバンチュールの意味は『恋の冒険』

男女

【アバンチュールの意味】

冒険。特に、恋の冒険。火遊び。

引用:goo辞書

アバンチュールの読み方は「あばんちゅーる」です。

語源は冒険を意味するフランス語の「Aventure」で火遊びや恋の冒険を表すことから、浮気や不倫を表すときにも使われます。

『アバンチュール』には

  • 恋の冒険
  • 冒険
  • 火遊び

などの意味があります。

アバンチュールの正しい使い方を例文で紹介!

男女

アバンチュール」は、恋の冒険を表す時に使われる言葉です。

間違った使い方をすると相手に伝わらなかったり、失礼な印象を与えてしまう可能性もありますので、例文と共に正しい使い方を知っていきましょう。

例文①

A子

友だちはアバンチュールに溺れてしまった。

例文②

B男

上司が昔はアバンチュールを楽しんだらしい。

例文③

C子

誰しもアバンチュールには憧れがあるのではないだろうか。

例文④

B子

アバンチュールに興味があるが、勇気はない。

例文⑤

C男

アバンチュールが人生を変えてしまうこともあるだろう。

アバンチュールを使う時の注意点】

最近ではあまり使われなくなった言葉なので、若い人には伝わらないことがあります。

アバンチュール」の類義語・言い換え5

男女

アバンチュール』の類義語や言い換えの言葉は5つあります。

類義語を知り、同じ意味を持つ複数の言葉を使い分けることができると相手とのコミュニケーションが円滑になります。

相手の理解度や状況に合わせて、最適な言葉を選択していきましょう。

  1. 探検
  2. 冒険
  3. 危ない橋を渡る
  4. 行きずりの恋
  5. 略奪愛

類義語①探検の意味

危険を冒して未知の地域に入り、実地に調べること。

引用:weblio辞書

B子

祖父は昔、海外まで冒険に行ったらしい。

類義語②冒険の意味

危険な状態になることを承知の上で、あえて行うこと。成功するかどうか成否が確かでないことを、あえてやってみること。

引用:goo辞書

A子

時には冒険することもいい経験になると思う。

類義語③危ない橋を渡るの意味

危険な手段をとる。特に、承知で法律に違反するような行為を行う。

引用:weblio辞書

B男

せっかくまともに過ごしているのだから、危ない橋は渡りたくない。

類義語④行きずりの恋の意味

ほんのちょっとした関係で終わること。かりそめのこと。「―の恋」

引用:goo辞書

B子

あれは行きずりの恋だが、いい思い出になった。

類義語⑤略奪愛の意味

恋人のいる相手に対して、相手と恋人との仲を引き裂いて、自分と恋仲になるように仕向けることを指す表現。

引用:weblio辞書

C男

略奪愛の末、結婚した話を聞くが上手くいくのだろうか。

アバンチュールの対義語・反対語は『堅実

女性

アバンチュールの対義語は、『堅実』になります。

堅実の意味

手堅く確実なこと。確かであぶなげのないこと。また、そのさま。

引用:goo辞書

堅実には

  • 手堅く確実なこと
  • 確かであぶなげのないこと

などの意味があり、確かであぶなげのないことを表すときに用いられます。

B男

彼はとても堅実な人生を歩んできた。

恋などの冒険を表すアバンチュールに対して、堅実は危なげないことを表します。

目次