アドバンテージの意味とは?ビジネスでの正しい使い方・例文を簡単に解説!

仕事

「アドバンテージ」という言葉は、「有利であること」という意味があるカタカナ語です。

ビジネスシーンでよく使われる言葉ですが、正しい使い方を知らないという人もいるのではないでしょうか。

この記事では、「アドバンテージ」の意味や使い方などを例文を交えながら、分かりやすく解説していきます。

目次

アドバンテージの意味は『有利であること』

女性

【アドバンテージの意味】

1 有利であること。優位にあること。⇔ディスアドバンテージ。

2 テニス・卓球で、ジュースのあと1ポイントをリードすること。バンテージ。

3 ラグビー・サッカーなどで、反則行為があっても、プレーを中断することが反則された側に不利になると主審が認めた場合、プレーを続行させること。アドバンテージルール。

引用:goo辞書

アドバンテージの読み方は「あどばんてーじ」です。

語源は、優位であることや利益を表す英語の「advantage」です。

『アドバンテージ』には

  • 有利であること
  • テニス・卓球で、ジュースのあと1ポイントをリードすること
  • ラグビー・サッカーなどで、反則行為があっても、プレーを中断することが反則された側に不利になると主審が認めた場合、プレーを続行させること

などの意味があります。

アドバンテージの正しい使い方を例文で紹介!

手

アドバンテージ」は、有利であることを表す際に使われる言葉です。

間違った使い方をすると相手に伝わらなかったり、失礼な印象を与えてしまう可能性もありますので、例文と共に正しい使い方を知っていきましょう。

例文①

A子

優秀な若手が揃っていることが、我が社のアドバンテージです。

例文②

B男

開発のノウハウがあるため、アドバンテージがあります。

例文③

C子

10年前から力を入れていたため、SNS運用についてのアドバンテージが高い。

例文④

B子

経験年数で言えば、彼より私の方がアドバンテージがある。

例文⑤

C男

このプロジェクトでは、経験者であるアドバンテージを活かしたい。

アドバンテージを使う時の注意点】

スポーツ用語として「アドバンテージ」が使われる際には、有利であることを表すだけでなく具体的なルールを示す場合があります。

卓球やテニスでは、1点リードしている場面を、ラグビーやサッカーでは、反則があってもプレーを続ける方が攻撃側に有利だと審判が判断し、試合を続行することを言います。

アドバンテージ類義語・言い換え3選

ブロック

アドバンテージ』の類義語や言い換えの言葉は3つあります。

類義語を知り、同じ意味を持つ複数の言葉を使い分けることができると相手とのコミュニケーションが円滑になります。

相手の理解度や状況に合わせて、最適な言葉を選択していきましょう。

  1. 有利
  2. 優位
  3. 利益

類義語①有利の意味

利益のあること。利益を望めること。他よりも条件や状態がよいこと。また、そのさま。

引用:goo辞書

B子

このゲームは後攻のほうが有利です。

類義語②優位の意味

位置・地位などが他よりまさること。また、そのさまや、そのもの。

引用:goo辞書

A子

競争相手よりも、優位に立っている。

類義語③利益の意味

得になること。益になること。

引用:goo辞書

B男

それは私にとって利益のある話です。

アドバンテージ「メリット」の違いは?

手

「アドバンテージ」と「メリット」は似ている言葉ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

アドバンテージ」には有利であることという意味がありますが、

それに対し「メリット」には、利点という意味があります。

「アドバンテージ」は他者に比べて有利であることを表しますが、「メリット」は価値や利点があるという意味で、他と比べてという意味合いはありません。

似ている言葉ですがニュアンスが異なりますので、時と場合に応じて使い分けましょう。

「アドバンテージ」の対義語・反対語は『ディスアドバンテージ

人

アドバンテージの対義語は、『ディスアドバンテージ』になります。

ディスアドバンテージの意味

不利であること。劣位にあること。

引用:goo辞書

ディスアドバンテージには

  • 不利であること
  • 劣位にあること

などの意味があり、不利であることを表す際に用いられます。

B男

我が社に女性が少ないことは、商品開発においてディスアドバンテージだ。

有利であることという意味の「アドバンテージ」に対して、不利であることという意味の「ディスアドバンテージ」は、反対の意味の言葉として使うことができます。

目次