帰って来た名物餃子 親子で包む伝統と愛情

餃子の河童軒

2019/04/01公開   2019/04/03更新

無題


急な閉店から半年。7歳から餃子を包む店主は都心の店からのスカウトを多数断り、娘の強い想いに押され2人きりで店の復活に務めた。肉質を上げ野菜も自ら選定、にんにくも国産を使用するなど素材選びを見直し、前よりボリューミーで親子の愛が詰まった餃子。相変わらず外は思いきりパリッと上はモチモチ、中はジューシーなまま多くのファンを今夜も旨さで唸らせる。

無題


復活した名物「餃子(6ケ入)500円」は、1個が一般的な餃子の2.5個分のボリューム。

代理テキスト


無題


無題


注文の電話はひっきりなし。家族連れや飲み会帰りなど20年来の常連客が復活を心待ちにしていた。前店から持ってきた看板にも胸が熱くなる。

店舗情報

住/名護市城1-16-9
電/0980-43-9670
営/18:00~00:00(L.O.23:00)
休/水曜
P/無し(近くに市営駐車場有り)