移転前に!第一牧志公設市場を散歩してみた

おきなわ倶楽部 WEB号 vol.1

2019/06/13公開   2019/06/14更新

無題


老朽化に伴い建て替えする第一牧志公設市場の現姿を目に焼き付けるため、編集部スージーとお散歩に行ってきました。あまり訪れた経験が無かったスージーはノスタルジックな雰囲気に興味津々!しかし!これは珍しい事でなく、地元に住む若者あるあるでは無いでしょうか?営業は6月16日までと残りわずか、皆さんもこの週末にお散歩しに行ってみてはいかがでしょう?

無題


平日の昼とあり市場の中は空いていてお散歩しやすい雰囲気。

無題


「らっきょう、どう?」と声をかけてくれたお兄さんは、今日この後にテレビ取材も控えていると言う。確かに髪型バッチリきまってます!らっきょうも美味しかった!

無題


無題


歩きやすいが活気が無い訳でなく、地元民でもココに来るとなんだか観光気分になれるのも公設市場の魅力だ。

無題


色々珍しそうに見ているスージ、「あれ?もしやスージーあんまり来たこと無い?」と、ここでようやく気がついた。

無題


移転を知らせるポスター発見。「なるほどー、ここに新しいのが建つのか」と読み込むスージー。仮設市場の場所も再確認。

無題


この公設市場のインスタ映えスポットNO.1のエスカレーター。この光景が見れなくなるのかと思うと、一気に寂しさがこみ上げる。

無題


いたる場所に横断幕で移転案内が出ており、それも寂しさを加速させる。しかし天井を見上げると、老朽化を感じずにはいられない。

無題


無題


「実はあまり2階を見たこと無いんです」とスージー。昼時なのもあり、どの店舗も大賑わいを見せる姿に、こんなに人が!と驚きの様子。

無題


美味しそうなスイーツも発見!!あれ?ご飯よりかき氷?サーターアンダギーはいつでも食べたくなる〜。

無題


昔の市場風景が飾られている一角。今の市場にすら古めかしいイメージはあるが、さらに昔は貴重な歴史資料。

無題


下りエスカレーターを探すスージー。実は公設市場のエスカレーターは上りのみ。お腹いっぱいになった後は、みんな階段なんです、健康的!

無題


皆さん中に注目はしているけど、よく考えると建て替えなら市場を取り囲む店舗も見納め。観光客で賑わう乾物やフルーツ店も雰囲気があって、あらためて「沖縄って良いところだなぁ」と感動。

無題


せっかくなので周辺もお散歩。「あれ?この道は初めて歩くかもー」とキョロキョロしながら角を曲がった瞬間、「あー!ここで飲んだことあるかも!」。あれ?飲んだら記憶無い系女子かな?笑

無題


「ここは我が家の母も祖母も利用しているお肉屋さんなんですよ」と、見上げた看板からも歴史を感じる。古きを残しながらもバーカウンターを併設したり、市場周辺の店も新しい世代がアイデア満載の新展開で、発展しつつ歴史をつないでいく様子が見られる。

無題


無題


歩いて行くと仮設店舗を発見!「まだまだ工事中?」と中を覗くと、すでに看板がついている店も。なんだか東京・築地移設のエピソードを思い出し、新しい場所でも変わらず頑張ってほしいと思うのであった。

代理テキスト


「来れて良かったです」と笑顔。そう、いつでも行けると思うと、なかなか行かない地元の名スポット。気がついたら歴史は新しい場面へ進んでいる事も。ぜひ皆さんも、ちょくちょくお散歩してみてはいかがだろうか。

写真・文:編集部ちー