プロバスケットボーラー津山 尚大選手、海外挑戦を応援しよう!

おきなわ倶楽部 WEB号 vol.006

2019-08-28 公開   2019-09-04 更新

代理テキスト


津山尚大×MASA MAGIC×糸数美樹のスペシャルトークショーに行ってきました!

津山尚大×MASA MAGIC×糸数美樹のスペシャルトークショー「DREAM CATCH~夢への挑戦~」(琉球新報社主催、沖縄銀行協賛 )が8月23日(金)に那覇市の琉球新報社で行われ、海外リーグへの挑戦を発表したプロバスケットボーラー津山選手を応援しようと、MCを務めた糸数美樹さん、海外渡航経験のあるMASA MAGICさんをはじめ、沢山のファンが会場に駆けつけました。

緊張した表情で登場した津山選手でしたが、糸数美樹さんからの質問に真摯に答えてくれました。トークの合間には、MASA MAGICさんがマジックを披露し、会場が歓声で溢れる場面もあり、津山選手自身も、子どもたちに手をふったりと最後は笑顔で幕を閉じたトークショー。

その一部を少しだけ紹介します!

無題


糸数美樹「お二人の海外へ挑戦するきっかけはどんなことですか?」
津山選手「高校3年のときに18歳以下の日本代表に選ばれて、ドイツ遠征に行ったんです。その時トルコと試合をして70点差で負けたんですよ。12人中10名が身長2mクラスで、同じ年なのにこんなにレベル差があるのか、世界ってこんなにすごいんだって思って。その経験を元にただ単純に上手くなりたい、レベルの高いところでバスケがしたいと思って、海外挑戦したいなと思っていました」
MASA MAGIC「日本人だけではなく、もっとたくさんの人に観てほしいという思いがあって。そのためには英語が必要だと、単純な理由で、学生時代一番苦手だった英語を克服しました」


フィールドは違うけど、第一線で活躍するお二人。海外挑戦のきっかけも「自分の好きなことに一途に向き合ってるからこそ」なんだと、「好きという気持ちって大事なんだ」と私も再認識する熱いトークでした!

無題


海外渡航の経験があるMASA MAGICさんと糸数美樹さんから、津山選手へ向けてアドバイスが送られるシーンも!

MASA MAGIC「僕が海外へ行く時に決めていたことは、いい意味で日本人と関わらないこと。現地の生活に身を放り込んでチャレンジしてみることが大事だなと思っています。津山さんはバスケという強い武器をすでに持っているので、ガツガツいってほしいです」
糸数美樹「私も語学留学で1年ほどカリフォルニアへ行きました。何のために来たのか目的を忘れてしまい、楽な方へといきがちなこともたまにありました。そんな時、留学できることに感謝する気持ちを思い出して頑張れたので、津山選手も帰ってきた日の自分を想像しながら海外へ来た意味・最初の目的を忘れることなく、頑張ってほしいと思います!」

最後は津山選手からの力強いメッセージ

無題


津山選手「MASA MAGICさんミキトニーさんからのアドバイスをいただいたので、これを海外で活かせるように、そして何よりみなさんのご協力があっての海外挑戦ですので、しっかり海外で成功して、県民のファンはもちろん、子どもたちに夢を与えられるような選手になって、いつかまた琉球ゴールデンキングスに戻ってプレーしたいなと思ってます。頑張ってきますので、応援よろしくお願いします!」


またキングスでのプレーを見せてくれるかもしれない嬉しい宣言が聞け、会場からは期待を込めた拍手が沸き起こりました!これから世界へ挑戦する津山選手。ファンの期待を一身に受け、成長してくると熱い言葉を聞くことができました。今後の活躍に注目して、応援しましょう!

プロフィール

津山 尚大(ツヤマ ショウタ)
1996年生まれ、沖縄県出身。北谷小・北谷中学校を卒業後、福岡大学附属大濠高校に進学。2015年に琉球ゴールデンキングスでプロデビューして以来、5シーズンにわたり国内のプロバスケットボールリーグで活躍。来季から、学生時代から夢だった海外リーグに挑戦することを発表。欧州リーグでのプレーを目指す、注目選手。


津山尚大選手の海外挑戦をサポートするためクラウドファンディングサイト「YUIMA」では資金造成プロジェクトを8月31日まで実施中
詳細はyuima-okinawa.jp
同イベントの模様は琉球新報8月28日付11面でも紹介されています。


写真・文:編集部スージー