「二重まぶただけじゃなくパッチリお目々にもなりたいの!」

シンデレラ×ビヨウゲカ Vol.02

2019-09-04 公開   2019-09-04 更新

無題


Vol.2 「二重まぶただけじゃなくパッチリお目々にもなりたいの!」


 皆さん、こんにちは深野です。
こちらのコーナーも2回目ですね。
今月もよろしくお願いいたします。

 さて、先月の二重まぶたに続き今月も目のお話をしたいと思います。と言うのも、この時期(2018年4月号時点)は二重まぶたの手術を中心に、美容外科クリニックでは目の手術を受けられる卒業式後の患者さんで溢れかえるシーズンなんですね。
最近は毎日毎日、目の手術ばかりしております。

 
 目は顔の中でも非常に重要なパーツであり、目の印象次第でかなり雰囲気が変わります。
女性なら目まわりのお化粧にいちばん時間をかけるでしょうし目まわりの化粧品が最も種類が多く、まつ毛エクステなど装飾品も多い事からも皆さんお気づきのことと思います。
いかに目を大きく見せるか、そこに情熱を注いでいる女性が大勢います。

 「二重まぶたにしたい!」と美容クリニックに来店される方と同じくらいに多いご希望が「目を大きくしたい!」です。
では、目を大きくすることは可能でしょうか?
 
 それは可能です。
一重まぶたの方ですと、二重まぶたにしてあげるだけでまつ毛の生え際が露出するのでかなりパッチリとした見栄えになります。
しかし、もともと二重まぶたの目をさらに大きくしようとすると別の処置が必要です。

 よくある処置として目頭側の皮膚を切る手術があります。
一般的に目頭切開と呼ばれることが多く、聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
腫れることはまずありませんが、皮膚を切るので縫わなければなりません。
そのため、抜糸までちょっと糸が目立つのが欠点ですね。

 他には、目の開きをより良くして、黒目を大きく見せる処置があります。
以前は皮膚を切る方法しかありませんでした。
しかし最近は色々な方法が確立され、皮膚を切らずに糸で止めるだけの方法でもかなり良い仕上がりになります。
糸でとめる方法では、腫れもほとんど気にならず程度で済みます。

 それ以外にも、目尻側の皮膚を切る方法や、下まぶたをさらに下げる方法などがあります。
目まわりの手術や処置のバリエーションは非常に多く、今ではたいていのご希望を叶えることが可能な時代になりました。
もちろん実現できないこともありますが、普段のお化粧などで理想の目元になれない方がいらっしゃいましたら、現在は美容医療という選択肢もあります。

 普段のお化粧で理想の自分になれるのがベストですが、理想の目元になれないことが自分にとって大きなコンプレックスであれば、お近くの信頼できる美容外科クリニックへ相談に行かれるのは悪いことではありません。
皆さんが理想の目元を手に入れ、前向きに豊かな人生を歩めることを願っております。

代理テキスト



コラム筆者 プロフィール

深野 雄一郎 美容外科エックス院長

代理テキスト



医師(厚生労働省 医籍登録番号 第481414号)
日本美容外科学会認定 美容外科専門医(日本美容外科学会認定 第1227号)

●国立宮崎大学医学部卒業。●日米での外科研修開始。東北大学第一外科関連病院、Dartmouth-Hitchcock Medical Center(New Hampshire,US)、Cleveland Clinic(Ohio,US.)にて。●先進医療で国内最大規模を誇る医療法人翔友会に参加。東京を中心として全国で美容外科・眼形成外科・口腔外科の研鑽・診療を行う。●同法人沖縄院開院に伴い、院長および優に200名を超える医師を擁する同法人において史上最年少で常任理事に就任。●日本美容外科学会において美容外科専門医考査、史上最高得点で合格。2016年6月同法人本部の東京に招聘され、著名人や高難度症例を専門に手術を担当。●西日本における美容外科屈指の名門、医療法人聖美会に移籍。●顔面の美容外科の世界的権威であり、韓国美容外科学会の会長LIM Jong-hak医師に師事する。また、同法人那覇院院長に就任。●自身の抱く美容外科の理想を現実化させるため、理想を一にする青木あづさとArt of Surgery Xを結成。沖縄県那覇市にCosmetic Surgery Xを開設。

店舗情報

美容外科エックス
Cosmetic Surgery X
那覇市金城5-11-5 イオン那覇店より徒歩1分
通常診療:10時~19時(年中無休)
予約制:予約専用ダイヤル 098-859-7512

2018年4月号掲載