FC琉球・特別対談インタビューFull ver.

おきなわ倶楽部 WEB号 vol.016

2020-09-08 公開   2020-09-09 更新

コチラの記事は、おきなわ倶楽部 2020年7月号「FC琉球 倶楽部」に掲載された、
インタビューの完全版となり、本誌では一部抜粋で掲載しておりました。

※バックナンバー購入はこちら※
おきなわ倶楽部 バックナンバー購入・一覧

代理テキスト


写真左よりフロントスタッフ西河翔吾さん、GK積田景介選手、GK猪瀬康介選手

サッカー選手の中でも“ちょっと特別な存在”のゴールキーパーに、なぜなろうと思ったのか、きっかけはどんな事だったのか。未来の日本サッカーのゴールを守る守護神へ送るメッセージと共に、そのエピソードをキャラの濃いお2人のGKに聞いてみた。また今回は特別に、お2人の本音をより引き出すため、元FC琉球DFとして昨シーズンまで一緒にプレーした、フロントスタッフの西河翔吾さんにインタビュアーをお願いした。
笑いあり、苦悩(?)あり、プライベートな部分まで語ってくれたGK対談インタビュー全文を特別公開!
インタビュー日:2020年6月中旬 

無題


●まずは笑いが耐えなかった自己紹介(ツカミ!?)でスタート。
西河翔吾(以下・西):自己紹介からいきますか。名前と生年月日、ポジション…
積田景介選手(以下・積):ポジションはいいんじゃないですか!?だって2人ともGKだし(笑)。
西:(笑)、じゃあ年齢と好きな女性のタイプ(笑)。
積:タイプ(笑)!?うーん…(悩)。積田景介、沖縄5年目です。1993年6月23日生まれです、来週には27歳です。(取材6月中旬頃)
猪瀬康介選手(以下・猪):猪瀬康介です、沖縄に来て2年目になります、2000年生まれで今年ハタチになります。
西・スタッフ:2000年!?ってことは?平成…
猪:平成12年です。
スタッフ:12年!この間ですね…
西:誕生日はいつ?
猪:クリスマスです、12月25日です。
積:誕生日とクリスマス、同時に味わうって寂しくない?
西:しかもオフ期間だしね。
猪:誰にも祝ってもらえずひっそりとですね…
西:誕生日試合って無いのか、バースデーゴールってのも無く…、そもそもGKだからゴールはしないのか(笑)。
積:そもそも(笑)。

●そしていよいよ、最初の質問にてして今回1番お聞きしたかった「どうしてGKになったの?」という話に突入。
西:いつからキーパーに?
積:小学5年生の頃からです。2年生からサッカーをしていて、FWとか色々なポジションをやりました。昔から身長が大きかったので、上にボールを集めてヘディングするスタイルで。ある日GKの子が休んで、一番大きいからGKやってみろと言われてからです。
猪:小学6年からです。僕もそれまでもサッカーはしていたけど、CBとかFWをやってました。同じく偶然、GKがいない日にやってみろと言われたのがきっかけです。
西:GKって、だいたいそんな感じでなるの?
猪:どうですかね(笑)。ゴール決めて嬉しのは当たり前じゃないですか。GKをやってみた時、止めたのが楽しかったし凄く嬉しかったんです!
西:そういった部分が魅力?
積:1本止めた後、チームが1点決めて勝つと、自分のセーブで流れが変わったなと自信になったりするのが、確かに嬉しい!
西:FWは1点決めただけでもMVPに選ばれる事がよくあるけど、GKはビックセーブで1失点抑えることもあれば、常に何点も守っている。俺はGKにMVPあげたい時も多かったけどね。
積:ありがとうございます!見てくれてますね!
西:俺はDFだからね、見てるんだよ。
積:同じくDFラインの人もフォーカスされて欲しいですよ。点を決めた人はもちろん素晴らしい。でも後ろの評価ももっとあると嬉しいですね!
西:サッカー知ってる人は見ててくれてるんだけどね。
積:でも点を決めるのは1番「華」ですけどね(笑)。
西:だから俺、サッカー人生やり直せるなら絶対FWにするよね!
全員:大爆笑
猪:え(笑)!?直前の話はどこにいったんですか?味方してくださいよー!

無題


西:逆にGKを辞めたいと思ったことはある?
猪:無いですね。ただ高校時代「俺、GKかな?」と思うくらい走っていたので、GKへの思いが薄れた瞬間もありました(笑)。
西:陸上部に行くほど?
猪:本当にそうですよ(笑)。でもやっぱり、シュートを止める楽しさは大きいんです!
西:他に、やってみたいポジションはないの?
積:FW(笑)。たまにGK同士の練習でシュート打ったりすると楽しいなぁと思うんですよ!シュート打つだけだったらやりたいかな(笑)!前から追うとかは無しで、PAの中だけ入って仕事したいですね(笑)!
猪:クロスの時だけ入っていってとかですね(笑)。
西:じゃあさ、2人にとって理想のGK、憧れの選手とかはいる?
猪:アーセナルのレノ選手はポジショニングがすごく良くて、ボールへ自然に体が向いていて、その技術は見て勉強したりします。
西:マニアックだなぁ。GKってオーバーアクションな人もいるじゃない?魅せ方は様々だよね。
積:色んな選手がいると思うんですけど、チーム色に適応するGKが良いのかなと思っています。パスへの参加や守り方だったり、戦術に合わせられる人、出来る出来ないを言うのではなく、どんなチームでも出来るのが理想です。
西:GKの出来ることは大事だと思うよ。俺がチーム編成するなら、きっと1番最初にGKから組む。これはDF目線かな?

●「FWに憧れる時もある」という願望も聞けたところで(笑)、せっかくなのでGKにしかない特別な「あるあるネタ」があるかを聞いてみた。
西:GK裏話はあるなぁ。GKってさ、変わってるよね?サッカー界では変人扱いされてるよね。
積:確かに!他にもGKあるあるだと、このグローブ焼け(日焼け)かな。
猪:同じく手の話だと、指を骨折したままプレーした人は、どのチームにもいると思いますよ。
西:だからGKはテーピングをしっかりしているのか。
猪:寂しいあるあるだと、紅白戦でビックセーブをしてもあまり褒められない(笑)。FWが点を決めると盛り上がるけど、ビックセーブをしても大して話題にならないですね。
西:俺は褒めるよ!
積:翔吾さんは言ってくれるんですよ、いつも!振り返って言ってくれるし、ミスした後のカバーも僕の中では、翔吾さんが1番言ってくれていました!
西:これ絶対、(雑誌に)載せてくださいね(笑)!
スタッフ:よくGKに対して「当たってる」と表現することが多いですが、それはどう思いますか?
積:正直、あまりいい気持ちではないです。待て待て、俺らその為にどれだけ毎日練習をしてるんだ!と思ったりします。当たってるって、なんかその日だけ「運が良い」「勘が良い」みたいな感じに聞こえますよね。
猪:解説の方も「今日は当たってますね」って言われているんですが、「今日は?いつも頑張って当てに行っているよー!」と思ったりします。毎日、変わらず努力していますから(笑)!
積:練習見てから言ってくれーって。
西:GKの練習ってキツイよね!俺は絶対やりたくないかもな(笑)!
積:本当キツイ(笑)。
猪:キツイっすね(笑)。

●そんな辛い練習を経てGKとして活躍中のお2人に、凄腕GKを目指すキッズたちに「家でもこんな練習できるよ」という方法があれば教えてください。
猪:寝っ転がってボールを上に、ポンポン投げてキャッチ!
西:俺もやってた!GKじゃないけど(笑)!
猪:ボールを受ける手の形をしっかり意識し練習、手の形は大事です!
西:名付けて?
猪:え?な、名付けて…名前ですか?うーん、三角…
積:三角だから◯ツ矢サイダーでいいっすね(笑)!
西:そうやって日々、練習をしていても、これはやらかしたなぁというエピソードはある?
積:ありすぎて選べない(笑)。◯ツ矢サイダーは(笑)?
猪:直近なら2年前のインターハイ。コーナーキックで前に出たら予想以上にボールが伸びて、落下地点の予想をミスって失点した事があります。GKとして一番やっちゃいけない。
西:やらかしてるねー、ツミは選べた?
積:本当にありすぎて…
西:常にやらかしてるもんな(笑)。

無題


西:普段から意識してやっていることはある?
猪:開脚ですね!180度を目指しています!
西:GKとしては何か無い?腕を使うじゃない、だから野球選手とかみたいに腕枕をしないとか。
積:それはー(笑)、野球選手って、そうなんですか?
西:野球選手は奥さんとか彼女に腕枕しないじゃん。
積:知らなかった、特に意識してないです(笑)。
猪:僕は腕が辛くなっちゃうから、腕枕はしないかもしれないですね…。
積:あった!準備はちゃんとする!
西:それはみんなだよ(笑)。
猪:髪型!身だしなみとして毎日しっかりセットします!気持ちが入るので!
積:コミュニケーションを取るようにしているかも。自分はどういう人って判って貰えるように。
西:さすがは会長!じゃあ、せっかくなんでお互いの印象を聞いてみようかな?
積:(猪瀬選手は)サッカー面だと、やっぱりキックが上手い!10代でこれだけ蹴れる選手はなかなかいない気がするし、自分の19歳の頃って、こんなに蹴れなかったなぁと思います。だからいつもプレーを見ていて驚きますね!
猪:(積田選手は)FC琉球に入るセレクションで、最初に喋ったのが積田さん。その時からプライベートでも一番優しく、思いやりのある人だなと思っています。ピッチ内の事もみんな教えてくれましたし、おかげで何も不安無く今日までやってこれました。プレーでも練習に入ると、スイッチが切り替わって常に全力。そう言う部分もお手本にしている選手です!
西:真面目に、謙虚に、ひたむきに、だもんな!
積:それ俺の待受画面(笑)!おい!俺のスマホ画面、見てるなー!
西:本当、ツミそのものを表した言葉だね!他に裏の顔ある?
積:無いっす、何も無いっす。
西:無いんだよ、裏が。ツミはそういう人なんだよ!

●ちなみに西河さん目線で、お二人の印象はどうですか?
西:コウ(猪瀬選手)は2年目なのに、人としてしっかりしている印象。話してもずっとそれは変わらず。学生時代に揉まれてきたんだなと感じる。今の若い子には珍しいタイプだなと。ツミは一緒にプレーしていも、やりやすかったですね!声も凄い出してくれるし、練習中も声かけしてやれてるなぁと思っていたので。前の紅白戦を見ていたら、たくさんビックセーブしていて、その後も足元をそつなくこなしていたし、本当に上手くなってきているし、これからも頑張って欲しいです。二人のこれからが楽しみです!コウは若いから、まだまだこれから!5年目のツミは琉球をしょって戦ってくれてるんじゃないかと!

●STAY HOMEの期間、皆さんは家で何をされていましたか?
西:料理はじめましたね!
積:何か始めようと思って、英語とか。でもなかなか続かない、難しい、次に何をやって良いのかわからないんですね。
西:まぁ一番やりたいのは、サッカーだもんね。
積:ドラマを観る時とか、英語で聞いて日本語字幕にするとか、その逆とか考えてみるんですけど。
西:ダニーと話せば良いじゃないか!
積:確かに!ダニーと話して自然に単語とか、少しは覚えられているかも(笑)!
●食事はどうですか?
猪:僕は鍋をよくしてましたね、料理していましたよ!白菜と豚肉のミルフィーユ鍋はよくしていました。
積:凝ってるな!ちゃんと並べてたの?
猪:はい、段々にして入れていく作業も好きで。インスタントの鍋ダシにも頼ってみました、一人なので。肩を手術した時期は、人見選手に作ってもらっていました。沼田先輩にもお弁当を届けてもらったり。
●人見選手のご飯は美味しかったですか?
猪:…はい、美味しかったです(笑)!野菜炒めとか、ザ・男飯をいただいてました!
積:毎日3食、作っていましたね。でもパターン化しますね。世界中の奥さんとお母さんを、本当にリスペクトしました!毎日、違うメニューを考えるって凄い大変です。ネットを見たりしても疲れちゃう。田中選手のYouTubeを参考に色々やったんですけど、毎日切り詰めて料理をしているとストレスになることもあるので、平日は頑張って作り、土日は何でも食べる日にしてメリハリを付けていました。週末はケーキやアイスとか、甘いもの好きなんですよね。普段は絶対食べないような甘い物を、自分へのご褒美にしていました。
西:わかる、必要だよご褒美。俺も試合後とかはアイス食べてたよ。俺も料理するようになったけど、レパートリーが少なくて生姜焼きとか豚キムチとか多かったな。鶏胸肉で鶏ハム作ったり、さっきのミルフィーユ鍋もやりましたよ。
●昨年8月号のインタビューでは、選手時代に「豆乳ヨーグルト」を食べていると話題でしたが、今も食べていますか? 
西:最近は豆乳ヨーグルトではなく豆乳を飲んでます。オートミールを食べるようになったので、朝食はオートミールに豆乳をかけ、バナナとカカオ80%チョコを一つ入れて、蜂蜜をかけてますね。
●相変わらず女子力の高いご飯ですね!食生活は選手時代と変わりましたか?
西:引退後すぐは変わりました。でもお腹が出てきたので「これはマズイ」と思い、最近は節制して筋トレも始めました。

無題


●では最後に、将来GKを目指す子どもたちへ一言お願いします!
猪:最初は怖いとか難しいとか、色んな気持ちがあるかもしれないけれど、ボールを受けて止める楽しさを覚えて、学生の内にステップアップして、しっかりコーチから学べばプロになれると思うので、諦めず頑張ってください!
積:止めることを楽しんで欲しい!GKってビビっているよりも、楽しまなきゃだと思う。どのポジションもそうですけど、サッカーを楽しんで、止める楽しさが分かれば嬉しいです!
西:今後GKがもっと評価されるような時代にしていきたいですね!俺は変わりつつあると思っています。
積:観る人たちの意識も変わってきていると思います。その中でサッカーをやる楽しさを表現できたらなと思います!

終始なごやかに、笑顔たっぷりに話してくれた3人。お二人の今後の活躍を期待しつつ、その活躍に憧れて素敵なGKキッズが、これからも誕生していくのを見守りたいと思った。

PROFILE

■17 GK 積田 景介 -TSUMITA Keisuke-
1993年6月23日生まれ、O型、千葉県出身
ニックネームは「ツミ・ツミタ」

■31 GK 猪瀬 康介 -INOSE Kosuke-
2000年12月25日生まれ、A型、茨城県出身
ニックネームは「コウスケ・コウ・イノ」

■フロントスタッフ 西河 翔吾 -NISHIKAWA Shogo-
元FC琉球 DF、1983年7月1日生まれ、広島県出身
現在は沖縄県1部リーグFCセリオーレ所属

FC琉球 公式サイト
http://fcryukyu.com/

写真・文:編集部ちー