新たな視点で伝える日本と沖縄の架け橋

LIQUID

2018/07/31公開   2018/08/03更新

もの静かな住宅街に佇む「LIQUID」は、〝飲む〟という行為に焦点をあてたお店として2017年7月にオープンした。

LIQUID 外観



「全てに〝モノ〟が関わっていた」と話す村上さんは、県外で商品や店舗の開発、町おこしなどの仕事を経て独立。その後、仕事を通し距離が縮まった沖縄に呼ばれている気がして移住を決断。
こんなにも観光客が出入りする〝日本の玄関口〟とも思える場所になぜ日本のものが少ないのか、という疑問から真っ先に思いついたのは、県外と沖縄を繋ぐことだったという。
まずは自分の得意な分野〝モノ〟で日本文化を伝えようと、今まで培ってきたノウハウで全国各地の工芸作家をはじめとする〝飲むためのモノ〟を集め、販売を始めた。奥深く追求した知識は、まさにオタクといえるほど。

LIQUID メイン



11月には酒屋もスタートさせ、沖縄の気候に合う日本酒や自然派ワインを取り揃えている。「ものすごく面白い蒸留酒を見つけて、入れることになったんです」と笑顔の村上さん。取引先はお酒ごとに2〜3社に絞り、いいものを狭く深く伝えていく。ここへ行くと進化した現代の日本酒が分かるはず。

LIQUID サブ



「今の日本を沖縄にも共有したい。そして、県外、国外の方にも、今の日本を共有できるお店にしたい」と話す村上さんが、まず初めに目指す目標は「昔の百貨店のような、ブランド・信頼を得ること」。それを獲得するために、様々な勉強会や試飲会などのイベントを通して、人々との交流を広げている。ずっと沖縄で過ごしてきた県民が、日本の文化に興味を持つきっかけの1つになるはず。

LIQUID もの


本物の漆職人が作る枡をベースに考案されたアソート酒器。蓋はおつまみ置きにも使える。
MASU BOXES/木漆工とけし


LIQUID_5


可盃(べくはい)をヒントに、飲み干すまで置くことができないという遊び心のある、コーン型の盃。
コーン盃 梅/上出長右衛門窯


LIQUID_6


レストランで日本酒を楽しむ時にも平盃(ひらはい)を使ってほしいと作られた西洋式の酒器。
ヒラハイ/木村硝子店


LIQUID_7


作るプロPeter Ivyさんと使うプロ高橋みどりさんによるブランド。色気のある、緑がかった色が魅力。
/kobo


今こそ飲みたい!店主厳選5本


風の森 秋津穂 純米しぼり華(720ml) 1,150円※税別
●Alc/17% ●産地/奈良県
風の森のスタンダード。搾ってそのままのボリューム感ある味わいを楽しめる。

風の森 露葉風 純米しぼり華(720ml) 1,300円※税別
●Alc/17% ●産地/奈良県
心白の大きさは山田錦をしのぐほど。トロっとした口当たりで独特な酸味と渋み、旨味が絶妙。


風の森 愛山 純米しぼり華(720ml) 1,500円※税別
●Alc/17% ●産地/奈良県
マスカットの香り。すごく濃厚な旨みと甘味に適度な酸味が人気の3、4、5月限定酒。


風の森 雄町 純米真中採り(720ml) 1,550円※税別
●Alc/17% ●産地/岡山県
1番旨みが安定したお酒のみを厳選した「真中採り」シリーズに、雄町の個性がマッチ。

ALPHA 風の森 TYPE1(720ml) 1,250円※税別
●Alc/14% ●産地/奈良県
できるだけアルコール度数を下げ、酸味と甘味を立たせて飲み口を良くしたもの。


店舗情報

住/宜野湾市嘉数1-20-7 宗像堂発酵研究所内
☎/098-894-8118
営/15:00〜19:00
休/水・木曜
P/有り
http://www.liquid.okinawa

2018.6月号