昔×今 うちな~はんどめいど [OKINAWAN HANDMADE]

やちむん、琉球ガラス、木工、染め織り。沖縄の伝統を受け継ぎながらも、若い感性と新たな息吹を感じさせる作品の数々。“昔”と“今”を繋ぎ、県内で活躍している新進気鋭の職人から現役大学生まで、作り手たちと産物をご紹介。沖縄だからこその魅力を存分に感じて。

小鳥の可愛いさえずりが 聴こえてくるような 淡くて綺麗な夢の焼き物

工房ことりの

代理テキスト


入った瞬間に優しい空気と素敵な作品の姿に思わず声を上げてしまう。
惚れぼれしてしまう独特の色合いと形は、飲食業界にも多くファンを持つほど。
ことりモチーフの焼き物だけでなく、星空やバルーンなど魅惑の世界が広がっている。

ふんわりした空間。工房で直接販売も行っているので立ち寄ってみて。

代理テキスト


焼く前の乾かす作業。数にこだわらず、想うままにひらすらつくることも。

代理テキスト


最後の仕上げ。毎日違う仕上がりになる“1点モノ”の魅力がたまらない。


代理テキスト


小人が住んでいるかのような「おうちのいちりんざし 2,500円」。
家主を温かく迎えてくれるオススメの品♪

代理テキスト


長崎県出身の森永たつやさん。沖縄へ移住後、有名窯で作陶を学んだのち、うるま市に「工房ことりの」を設立。
生み出されるものたちは表情豊かで愛らしく、多くの人々を虜にしている。

店舗情報

住/うるま市高江洲974-1 2F
電/098-974-9260
営/09:00~18:00
休/不定休
P/有り


2017.11月号

壺屋の住宅街にある アーティスティックな やちむん工房

ギャラリーストア&工房 くばやー

壺屋焼やアート、雑貨を取り扱うギャラリーストア「くばやー」。久場兼一郎さんの作品を中心にレイアウトされた作品はどれも目を惹くものばかり。アーティスティックな空間であなただけのお気に入りに出会えるはず。

くばやー_1


沖縄県の代表的な花であるハイビスカスをモチーフにした色鮮やかな壺屋焼。思わず手に取ってしまいそう。

くばやー_2


慶良間の海をイメージした「慶良間ブルー」をあしらったマグカップ。

くばやー_3


モダンな陶器や伝統的なものが所狭しと並べられている。

くばやー_4


誕生日などのお祝いにプレゼントすると喜ばれるかも。

くばやー_5


陶芸家であり画家でもある久場兼一郎さんが作る作品は、壺屋焼の伝統的な製法を守りながら、シーサーやハイビスカスなど沖縄らしさを感じる柄の中に、独自の技法を取り入れている。

店舗情報

那覇市壺屋1-15-5
☎/098-955-7139
営/10:00〜ラスト
休/不定休
P/有り
https://www.instagram.com/kubaya_okinawa/

昔ながらの製法と 独創的な感性で切り開く 美しく精巧な工芸品

琉球ガラス工房 glass32

名護の住宅街に軒を構える「glass32」では、原料には使われなくなった泡盛の廃ビンを使用した伝統的な製法で琉球ガラスを作り上げている。ガラスだけでなく工房や窯も全て手作りしており、意欲的に創作活動を行っている。

琉球ガラス工房 glass32_1


深い黒と海の中を想像させる濃紺とクリアな青のグラデーションを配した「青の洞窟2,700円〜」。

琉球ガラス工房 glass32_2


グラスだけでなくリングスタンドや一輪挿し、表札などがある。

琉球ガラス工房 glass32_3


琉球ガラスができるまでの工程を見学することができるぞ。

琉球ガラス工房 glass32_4


手作りした窯からは、迫力のある1,200℃以上の炎を覗ける。

琉球ガラス工房 glass32_5


職人の具志堅充さんは、いくつかのガラス工房や工場長を経て、「琉球ガラス工房 glass32」を設立。沖縄の海を愛してやまない具志堅さんの作品には、美しい海や自然のイメージが反映されている。

店舗情報

住/名護市宮里7-19-29内
☎/0980-52-7899
営/12:00〜18:00
休/日曜
P/有り
http://glass32.com

国頭の良さを 木工で伝える ヤンバルクラフトマン

Ota Craft wood×work オオタクラフトウッドワーク

国頭村でとれた木材を使い、食器をメインに製作している「Ota Craft wood×work」。「木を無駄なく使いたい」「特産品を作りたい」という想いを込め創作している。創作物は「国頭道の駅」と「山原工芸店」で販売している。

Ota Craft_1


木目から木の暖かみを感じることができる「お箸と箸置き1,200円」。箸置きは琉球松の枝を使用している。

Ota Craft_6


木工だけじゃなく、工房も1から手作りした全てハンドメイド。

Ota Craft_3


「しゃもじ1,000円」は、こだわりのある曲線から気品が感じられる。

Ota Craft_4


刃が丸いため、子どもでも安心して使える「バターナイフ800円」。

Ota Craft_5


「自分にしかできないことがここにあるのでは」とノンキャリアから木工職人への道を進むことになった大田浩之さん。2年間のカリキュラムを経て、国頭村奥間にて木工芸職人として日々精進している。

Ota Craft_6


店舗情報

住/国頭村奥間1667
☎/090-1368-4115
休/不定休
P/有り

南風とともに流れる 昔ながらの懐かしい音 本物の沖縄を感じて

機織工房しよん

4人の機織作家が集まり始まったことから“糸が4つ”で「しよん」の名が付いたこちらの工房。伝統的な技法を守り、織られた華やかな色合いの商品にどれも心掴まれる。古民家のゆったりした雰囲気と一緒に機織の世界を楽しんで。

代理テキスト


花火をイメージしてつくった「巾着3,456円」はカラフルな模様が素敵。

代理テキスト


踏み木を踏み、経糸が開いたところに投げ杼で緯糸を通し織っていく。

代理テキスト


整経台を使って、経糸の長さと幅を揃えていく「整経(せいけい)」。

代理テキスト


「綜絖通し(そうこうどおし)」は、綜絖子に1本ずつ経糸を通していく作業。

代理テキスト


左から、コースターやしおりを山城さん、巾着やポーチは喜久村さん、ブックカバーやペンケースを長池さん、小物入れやスマホ入れを牧山さんが主に担当し、それぞれ個性溢れる作品を創作。

機織工房しよん_6


店舗情報

住/八重瀬町仲座72
電/098-996-1770
営/09:00~17:00
休/木曜
P/有り(3台)

2017.11月

この世に二つとない色 人の手でつくりあげる 心染みる感動の紅型

紅型工房ひがしや

代理テキスト


風と自然が包む今帰仁村に自宅兼工房を構えているご夫婦。
笑い声が響く穏やかな空間だが、布に向き合う姿は真剣そのもの。
主に舞台衣装を手掛け、古典柄から現代的な絵柄まで技術は幅広い。
注目の職人が表現する“命”をこの目でぜひ。

代理テキスト


安座間本流宮扇恵美の会・田口博章さんの衣装も制作。
舞台に映えるよう計算された力強い作品。

代理テキスト


布を張る作業。シワを残さないよう確実に行う。

代理テキスト


糊伏せ。由利子さんの繊細な手つきに見入る。

代理テキスト


着物や帯はオーダー制。可愛いキーホルダーは那覇のCraft house Sproutでも販売!

代理テキスト


沖縄県出身の道家由利子さんは、糸満の工房で修業したのち紅型職人として独立し「紅型工房ひがしや」を設立。
「若い方々にも紅型を通してこの世界を知ってほしい」と日々製作に励む。

代理テキスト



代理テキスト



店舗情報

住/今帰仁村与那嶺
問/bingata_higashiya(instagram)


2017.11月号

蝶と花が舞う南国の景色 煌きと輝きが増していく 驚きの紅型アーティスト

紅型アーティスト 新垣優香

代理テキスト


鮮やかな配色が眩しい作品が並ぶ、紅型アーティスト・新垣優香さんのアトリエ。
伝統の技法に、グリッターをのせた新しい発想を取り入れ、型にはまらない表現が大きな話題に。
家族で営む那覇市壺屋の「琉球銘菓くがにやあ」で展示・販売を行う。

百貨店・ホテル、ギャラリーなど国内外で作品を展開しファンを魅了。

代理テキスト


製作拠点は読谷村。穏やかな風景が真っ白なアトリエを優しく溶け込む。

代理テキスト


立体感をつける為に2本の筆を使い、ぼかしを入れていく「隈取り」。

代理テキスト


時と光で表情を変える姿は圧巻。NYの街並みを再現した作品や「くがにやあ」商品パッケージなども。

代理テキスト



代理テキスト



代理テキスト


沖縄県出身。首里高等学校染織デザイン科を卒業後、県内の工房で経験を積み、作家デビュー。
多くの受賞歴と実績を重ね、固定概念にとらわれない独特の作風が世界中から評価されている。

代理テキスト



店舗情報

住/那覇市壺屋1-18-1(琉球銘菓くがにやあ内)
電/098-868-0234
営/10:00~19:00
休/無休
P/有り
http://arakakiyuuka.com/


2017.11月号