World food

観光客も多く、日本の中でも海外文化が色濃く残る沖縄。アジアをはじめ世界各国の料理店のメニューより、編集部が気になったあんな見た目やこ〜んな名前の肉料理を体当たりで調査!

フードイベントで人気を博したお店がオープン!

Asian Food Fuuten

「安心で楽しい食事」をコンセプトに、ほぼ県産の旬食材を使ったタイ料理を提供している。

Fuuten 内観


タイのメジャー料理「ガイヤーン1,000円」は、若鶏のもも肉を、レモングラスとタイの調味料で作る特製のたれに漬け込み焼き上げた逸品。
チリソースで辛さをプラスするのもオススメ。

Fuuten メイン



ゆで麺と揚げ麺の食感が面白いタイのスパイシーカレーヌードル。想像以上に辛いかも!?

Fuuten サブ




タイと似た環境の沖縄は、ハーブなどが新鮮なうちに味わえるそうなので、
ぜひ一度格別な風味の料理を試してみて。


店舗情報

住/北中城村島袋1252
☎/098-911-6937
営/11:30~15:00(L.O.14:30)、18:00~22:00(L.O.21:00)
休/火曜
P/有り

2018.8月号

住宅街で気軽に楽しめるフレンチ

Vin et caisime Bistro T-IDA

ワインに合う料理をワインバーのような感覚で楽しめるお店。

ティーダ 内観



店内にはヨーロッパ産を中心に常時100種以上の銘柄を揃え、通の人も通えるワインを用意しており、定期的にワイン会を開いている。

ティーダ 内観サブ



辛口ロゼに合わせて紹介したいのは、「豚肩ロースのロースト ドライフルーツのソースで1,600円」。マリネ液に豚を5時間漬け真空調理し、旨味が凝縮されたドライフルーツを添えた逸品だ。

ティーダ メイン


一品料理はもちろん、「オードブルバリエ」も人気。

店舗情報

住/浦添市伊祖2-19-13
☎/098-870-4123
営/18:00~23:00(L.O.22:00)※金・土曜は00:00迄
休/日・月曜
P/有り

2018.8月号