海の幸は漁港で【泡瀬漁港】

普段口にする魚がどんなところで獲れているか知ってる?漁港の魅力を知れば、魚がもっと美味しく感じるはず!

パヤオ漁とともに栄えた歴史ある漁港

泡瀬漁港

代理テキスト


広く海に面する街・泡瀬。そこに位置する「泡瀬漁港」では、マグロやソデイカを中心とした多数の水産物が水揚げされており、多くの漁師たちで賑わっている。中でも特徴的な漁法が「パヤオ漁法」。カツオやシイラなどが群れを作り、広範囲に渡り移動する回遊魚たちの海に浮いている物に集まる特性を利用し、そこにパヤオ(浮魚礁)を浮かべ、集まる魚を穫る漁法。通常の漁とは違い、時間や経費の節約になる漁だ。

無題


水揚げした魚たちは、隣の直売店にて新鮮な状態で一部販売される。

無題


かなりの大きさのパヤオは、水深約1,000mまでの深さまで到達する。

無題


敷地内がとても広く、多くの船が停留している姿は圧巻だ。

施設情報

住/沖縄市泡瀬1-11-28
☎/098-939-3711
休/日曜
P/有り

沖縄市漁業協同組合 パヤオ直売店


無題


その場で味わう海の幸 これぞ漁港飯の醍醐味
地元客と観光客で賑わう「パヤオ直売店」。開店前から行列ができるこちらでは、毎朝水揚げされた新鮮な魚を使い様々な料理を提供している。また料理だけでなく店内では、漁港で水揚げされた魚の販売や名産であるソデイカを使った加工品などが販売されており、食事だけでなく買い物も楽しめるぞ。

無題


カリッカリに揚げたタマンからは、芳ばしい香りが…。この状態でも充分美味しそうだ。

無題


そこに主役であるバターを豪快にドーンッ!アッツアツのまま召し上がれ!

無題


沖縄ならではの色とりどりの魚が日替わりで並び、心が躍る。

無題


連日大盛況なので、早くから来店するのが吉。

店舗情報

住/沖縄市泡瀬1-11-34
☎/098-938-5811
営/10:30〜18:00
休/無休
P/有り
2018.9月号掲載