ぜひ挑戦してほしい!魚の捌き方(シチューマチ)

魚の消費率がワースト1の沖縄県では、魚の捌き方を知らない人が急増中⁉そこで、おきくらスタッフが捌き方を自ら取材!

おきくらスタッフが捌き方を自ら取材!

魚の捌き方(シチューマチ 編)

ぜひ挑戦してほしい!魚の捌き方

魚の消費率がワースト1の沖縄県では、魚の捌き方を知らない人が急増中⁉そこで、おきくらスタッフが捌き方を自ら取材!

1、調理しやすくするため、ウロコを取り除く%

無題


包丁をきれいに入れるために、尾から頭の向きにウロコ取りを滑らせ、両身、背、腹の順に丁寧にウロコを剥いでいく。

2、腹を裂き、ハラワタをかき出す

無題


腹を裂き、中のハラワタをかき出す。ハラワタは食べられない部分が多いため、流水で綺麗に洗い流そう。

3、背中から包丁を入れる

無題


三枚おろしは、まず背中から包丁を入れ、身を反転させ腹皮を開く。最後につながっている尾の部分を切り離す。

4、カマ(頭)と胸ビレを落とす

無題


三枚おろしにするには、カマと胸ビレが不必要なので切り落とす。大きい魚だと食べられるが、小さい魚は出汁などに使おう!

5、そして、三枚おろしに

無題


逆側も同様の手順で包丁を入れていく。焦らずに、ゆっくり何度かに分けて刃を入れることがコツらしい。

魚の捌き方を取材するにあたり実際にやってみたくなった!

漁港内スタッフの手際を初めてじっくり見たのですが、ウロコ取りが電動だったり、包丁さばきがとても早かったりと、内心焦りながら撮影していました。何度か捌いたことがあるのですが、ここでこの手順を踏むんだ!と、とても勉強になりました!

今回捌いた魚

代理テキスト


シチューマチ

2018.9月号掲載