おきなわクエスト~異世界なお店たち~

なにやら見たことがない世界…ではないが、店主のこだわり強めの「異世界なお店たち」をご案内。
店主がよく喋る、クセが強い、絶景やノスタルジー空間まで、様々な情報をお届け。
キミはいつく攻略できるかな?

心地よい青空間で光るのは、物凄い数の赤いアレ!

アクアリュウム喫茶 慈伴賜

無題



大きな水槽と青色が印象的な空間に圧倒されつつも、「自分の部屋」感に癒されつい長居してしまう、まさに異世界喫茶店。

無題



週5本は飲むほど店主が愛する「コカ・コーラ」。40年に渡ってアメリカを中心に世界各国へ足を運び集め、プレミア価格のボトルや見たことのないグッズが並ぶ。

無題



大きいカツが2枚もドーン!米と味噌汁に、サラダ2種と目玉焼き、漬物にデザートまでついてくる「ダブルカツ定食」。

代理テキスト



「黒蜜きなこぜんざい」。フワフワ凍りの下には、ホクホクな北海道産の金時豆がたっぷり!

無題



心惹かれる何かが今日もアナタを待っているかも。

店舗情報


住/浦添市経塚563-3
☎/098-878-9878
営/24H
休/日曜の09:00~17:00
P/有り

2019.6月号特集

昭和風景を思い出させるノスタルジー空間

昭和空間 門の家


代理テキスト



4月に改装し、自由に入れる“昭和空間”には何千もの「ペコちゃん」やおもちゃ、昔懐かしいテレビ・ポストなどを展示。

無題



1962年製の現行ジュークボックス。スタッフに声掛けして実際に流してみよう。

無題



貸し借りした人もきっと多い、昭和30年頃の少年漫画や雑誌。

無題



豚骨と鰹のブレンドスープが絶妙な「沖縄そば(大)」の他、ソーキや野菜、ゆし豆腐のそばにカレー、ちゃんぽん、お得なランチセットと食事も豊富!


店舗情報


住/西原町翁長52
  (翁長公民館向かい)
☎/098-944-1122
営/ランチ11:00~15:00(L.O.14:30)、ディナー18:00~21:00(L.O.20:30)
休/土曜のディナー、日曜
P/有り


2019.6月号特集

好奇心はじける☆憧れを詰め込んだ駄菓子屋さん

昭和博物館 ~私はレトロ~

無題



時計、おもちゃ、ホーロー看板など、状態の良い懐かしの品を全国より集め、マニア間で継承されてきた稀な品も多数。
実際に触ることで記憶に残る体験ができ、通いたくなる魅力が溢れる空間。

無題



輸出用セルロイド人形。当時の歴史背景が思い浮かぶ。

代理テキスト



レアなカルピスやグルコの看板。状態はどれも超キレイ!

無題



アンティークショップとしてグッズの販売や、19:30~は事前予約でレンタルスペースとしての貸出しも行う。


店舗情報


住/与那原町与那原3115-5
☎/090-8866-6053
営/13:00~21:00(最終入場20:30)※土・日曜、祝日は10:00~
休/火曜 P/有り
Instagram @syouwa1959


2019.6月号特集



五感すべてを研ぎ澄ます新感覚レストラン

Restaurant ARDOR アルドール

県内ではこちらでしか取り扱いがない、滋賀県の有名な肉屋さんから取り寄せた肉をメインに、県産食材を使用し沖縄を感じる料理の数々をコースで提供。熟成した肉は柔らかく、芳醇な香りと旨味が増すという。お酒を飲む方飲まない方どちらも楽しめるよう料理に合わせたペアリングも好評。隅々までデザインされた空間で非日常的体験を。

代理テキスト


「和牛の40日熟成サーロインの薪火焼き(コースの一部として提供) コース9,800円」
味付けは塩のみとシンプルに。それだけで充分なほど旨味が凝縮した、肉本来の味に驚くはず。

無題


扉を開くのもドキドキするような、インパクトのあるドアノブ。一足踏み入れれば日常を忘れる空間へとご案内。

無題




無題


無題


視覚も冴え渡るような美しい、作家さんの美術品・美飾品を展示し、ギャラリーチックに演出。

店舗情報

住/北谷町宮城3-223
☎/098-926-0777
営/18:00~L.O.21:30
休/水曜
P/有り


2019.6月号特集

初めて帰る“故郷”になる。秘密に出来ない秘密基地

大人の秘密基地 森の巣箱

無題


絶景カフェは数あれど、1秒として同じ色をしない変化ある神秘の景色に、初めて訪れたのに誰もが懐かしく涙を流す絶景カフェがある。さらにソレを望むテラス・コテージ・宿泊施設だけでなく道も看板も、全部ご主人のDIYだから驚きしかない。オールド加工された風合いや自然木優先の造り、その腕前は全国専門誌で特集され大工以上の評価。

無題


無題


キャンプや飲み会、朝日を眺めたり、この場所の使い方は来る人に全て委ねられる。海の巣箱として海側にも宿泊施設があり、朝焼けの中、カヌーで海を独り占め出来る。

無題


代理テキスト


wifi完備、安全で優しいところも大人の隠れ家的、ご主人の嘉陽氏との語らいは時を忘れ、人生の分岐点ごとに「報告」をしに行きたくなる、まさに森に住む父だ。

無題


近日オープン予定の宿泊施設は、昔から立つ木を囲み一面ガラス張りの贅沢な造り。

無題


無題


フォトショ加工か!?と疑うほどの美しい海と空のグラデーションは全て本物。

途中で不安になって引返す人も多いが、人生もまた同じで思いきり勇気を出して1歩進んだ人だけがサプライズとして、絶景と感動を手に入れられる。実は看板多し、秘密基地。

無題


 ↓

無題


 ↓

無題



店舗情報

住/今帰仁村湧川699
☎/0980-51-5737
営/11:00〜日暮れまで
休/木曜(不定休有り)
P/有り
morinosubako.strikingly.com

違和感が心地いい行ってわかる異空間

Bar Cindy

来年で50周年を迎えるAサインバー。

シンディ 内観1

本土復帰前の営業許可証「Aサイン」や、お偉いさんのサイン、ママへのプレゼントが隙間なく埋まる。

シンディ 内観2

火・金・土曜の23時には満席になることが多く、幅広い層の常連さんが83歳のママとの会話を楽しむ。

シンディ 金

天井で1970年のお札を発見!壁中に貼られたお札には、日付や名前が書かれており、最近は記念に貼る人も。

シンディ メイン

レシピは秘密の定番手作り辛チーズ!平日は簡単な漬物など、週末はおでんを用意。

シンディ内観3


時代、国境を超えたディープな空間を感じに行こう!


店舗情報

住/宜野湾市普天間2-48-8
☎/098-892-0205
営/20:00~01:00頃
  (金・土曜は05:00迄)
休/日・月曜、祝日
P/有り

2019.6月号

地図を見ても間違える…予想外の原宿系ピンク界

大人の駄菓子屋 もえぴ

もえぴ ないかん


地域柄、オープン当初は個性的なおじさんが集まる事もあったというが、
映える空間がSNSで拡散され今や若者たちの間で話題に。

もえぴ 内観



ワンドリンクで駄菓子食べ放題、ラーメン屋風な特製おつまみも美味♪

もえぴ メイン

「ストロベリーシェイク700円」ドリンクまでピンク♡

化粧直しは諦める赤~いトイレ。もえさんフォトを眺めながらすっきり~!

もえぴ トイレ



坊主姿もイケてるオーナーのもえさん♡
貴重な2ショットごちそうさまでした。

もえぴ ピン



店舗情報

住/那覇市壺屋1-2-12 2F
☎/080-1546-2344
営/19:00~03:00
休/水曜
P/無し(近くにコインP有り)
Twitter @dagashi_moepi

2019.6月号