飛躍の年の意味とは?正しい使い方・例文を簡単に解説!英語への言い換えは?

男性

「飛躍の年」という言葉には、「大きく発展して活躍するきっかけとなる1年」という意味があります。

新年の挨拶などでよく使われる言葉ですが、正しい使い方を知らないという人もいるのではないでしょうか。

この記事では、「飛躍の年」の意味や使い方などを例文を交えながら、分かりやすく解説していきます。

目次

飛躍の年の意味は『大きく発展して活躍するきっかけとなる1年』

【飛躍の意味】

大きく発展して活躍すること。また、急速に進歩・向上すること。

引用:goo辞書

【年の意味】

時の単位。1月1日で始まり、12月31日に終わる12か月間。陽暦では、地球が太陽の周囲を1周する時間、365.2422日を1年とする。陰暦では、月が地球を12周する時間を1年とする。

引用:goo辞書

飛躍の年の読み方は「ひやくのとし」です。

語源は、大きく発展して活躍することを意味する「飛躍」と、1年を意味する「年」が組み合わされた言葉です。

『飛躍の年』には

  • 大きく発展して活躍するきっかけとなる1年

などの意味があります。

飛躍の年の正しい使い方を例文で紹介!

飛躍の年」は、大きく発展して活躍するきっかけとなる1年を表す際に使われる言葉です。

間違った使い方をすると相手に伝わらなかったり、失礼な印象を与えてしまう可能性もありますので、例文と共に正しい使い方を知っていきましょう。

例文①

A子

皆様にとって飛躍の年になりますように。

例文②

B男

日本代表に選ばれるなど、あの選手にとって今年は飛躍の年となりました。

例文③

C子

今年こそは新事業に挑戦し、飛躍の年にしたいと思っています。

例文④

B子

さらなる飛躍の年となるよう、お祈り申し上げます。

例文⑤

C男

ますます飛躍の年になるように、努力を重ねたいです。

飛躍の年を使う時の注意点】

新年の挨拶によく使われるフレーズですが、ビジネスシーンでも定番の言い回しです。

自分自身にも相手にも使うことができます。

飛躍の年類義語・言い換え3選

飛躍の年』の類義語や言い換えの言葉は3つあります。

類義語を知り、同じ意味を持つ複数の言葉を使い分けることができると相手とのコミュニケーションが円滑になります。

相手の理解度や状況に合わせて、最適な言葉を選択していきましょう。

  1. 躍進の年
  2. 成長の年
  3. 挑戦の年

類義語①躍進の年の意味

躍進の意味

めざましい勢いで進出・発展すること。

引用:goo辞書

B子

更なる躍進の年となりますように。

類義語②成長の年の意味

成長の意味

1 人や動植物が育って大きくなること。おとなになること。
2 物事の規模が大きくなること。拡大。

引用:goo辞書

A子

昨年以上に成長の年となるよう、頑張ります。

類義語③挑戦の年の意味

挑戦の意味

困難な物事や新しい記録などに立ち向かうこと。

引用:goo辞書

B男

今年は、挑戦の年にしたいと思っています。

独壇場の意味

飛躍「活躍」の違いは?

「飛躍」と「活躍」は似ている言葉ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

飛躍」には大きく発展して活躍することという意味がありますが、

それに対し「活躍」には、めざましく活動することという意味があります。

「活躍」はめざましい活動のことを意味しますが、「飛躍」は大きく発展することや、急速に進歩することを意味します。

「活躍」よりも「飛躍」の方がより立派な様子を表します。

似ている言葉ですが、時と場合に応じて使い分けましょう。

飛躍の年は英語で『 A year of progress

飛躍の年は英語の『 A year of progress』に言い換えることができます。

A year of progressの意味

飛躍の年

引用:Weblio英和辞典・和英辞典

英語の『 A year of progress』には

  • 飛躍の年

という意味があります。

「飛躍の年」の対義語・反対語はありません

飛躍の年の対義語は、ありません

多岐にわたるの意味

目次