「メソッド」とはどんな意味?ビジネスシーンでの使い方や類義語・反対語を例文付きで解説!

腕時計

『メソッド』はビジネスシーンでよく使われるカタカナ語で、方法』という意味があります。

初めて『メソッド』と聞いた時は難しいと感じたり、日本語で言ってよ!と思ったこともあるのではないでしょうか。

しかしビジネス用語の意味を知り、使い方を覚えていくことで、コミュニケーション能力や文書の読解力が向上していくでしょう。

この記事では『メソッド』の意味や、シーン別での使い方や例文などを分かりやすく紹介します。

目次

メソッドの意味は3パターン

【メソッドの意味】

体系的な方法・方式。

引用:goo辞書

メソッドの意味①『手段』

メソッド は、手段という意味で、特定の学問や芸術における調査方法や技術、何かを行う際の方式や方策などのこと

引用:weblio辞書

『メソッド』には

・手段

・技術

・方式

などの意味があります。

A子

会社独自のメソッドを覚える。

メソッドの意味②『原理における規律』

科学調査の技術や原理における規律や、秩序だった配置や分類、規律や秩序の習慣的な実践

引用:weblio辞書

『メソッド』には

・原理における規律

・習慣的な実践

などの意味があります。

B男

毎日のメソッドのおかげで痩せてきた。

メソッドの意味③『演劇の技法』

役者が、演じるキャラクターの内なる人格と完全に同一化しようとする演劇の技法

引用:weblio辞書

『メソッド』には

・演劇の技法

などの意味があります。

B子

このメソッドを利用して演じる。

メソッドの正しい使い方(ビジネスシーンで使う場合)

ビジネスシーンで使う『メソッド』は、『方法』『方式などがあります。

例文①方法という意味で使う時

【Before】

C子

これまでの営業方法を見直そう。

【After】

C子

これまでの営業メソッドを見直そう。

例文②方式という意味で使う時

【Before】

上司

このビジネス方式をうまく活用しよう。

【After】

上司

このビジネスメソッドをうまく活用しよう。

ビジネスシーンで『メソッド』と言われた時は、『方法』と受け取ると良いでしょう。

【注意点】

プログラミング用語で使われるときは全く意味が変わるので注意が必要です。

メソッドの類義語・関連用語5選

メソッド』の類義語は5つあります。

①手段

方法

手法

技法

⑤方式

類義語①手段の意味

ある事を実現させるためにとる方法。てだて。「―を講じる」「目的のためには―を選ばない」「強硬―」「生産―」

引用:goo辞書

類義語②方法の意味

目標に達するための手段。目的を遂げるためのやり方。てだて。

引用:goo辞書

類義語③手法の意味

物事のやり方。特に、芸術作品などをつくるうえでの表現方法。技法。「写実的な―」「新―を用いる」

引用:goo辞書

類義語④技法の意味

芸術などで、技術上の方法。手法。「伝統的な—によった作品」

引用:weblio辞書

類義語⑤方式の意味

決まったやり方や手立て、またはその形を意味する語。

引用:weblio辞書

メソッドの対義語・反対語はない

メソッドの対義語は、日本語・英語ともにありません。

その為、対義で使いたい場合には反対の意味に言い換えるしかないようです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次