会員制「タイムシェア」も 沖縄・瀬底島にヒルトンの2ホテル 2020・21年に順次開業

2017-11-14 11:02:00投稿 (記事提供:沖縄タイムス)

 【東京】全国で都市開発やホテル開発などを手掛ける森トラスト(東京、伊達美和子社長)は13日、米ホテル大手ヒルトングループと提携し、同社が本部町瀬底島に取得した土地(33万5131平方メートル)で、2020年に約300室の「ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)」、21年に132室の会員制タイムシェアリゾートの2ホテルを開業すると発表した。
 タイムシェアリゾートは、ヒルトン・グランド・バケーションズ(米国、マーク・ワン社長)のアジアで初のプロジェクト。森トラストが地上10階、延べ床面積約1万5千平方メートルのホテルを開発し、ヒルトン側が所有、運営する。キッチンやリビング、寝室を備えた部屋の所有権を1週間単位で購入できるのが特徴。長期滞在の利用を見込んでいる。
 現在、タイムシェアリゾートを利用できる日本人は5万6千会員という。ワン社長は「沖縄は会員からの要望が最も高かった。約8割は日本人の利用になるのではないか」と話した。
 「ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)」は、ヒルトン(米国、クリストファ・ナセッタ社長)が運営する。地上9階建てで、延べ床面積は約2万1千平方メートル。スパや屋内外のプール、チャペル、会議室などを完備している。
 敷地面積の合計は13万3791平方メートルで、ともに18年に着工する予定。
 伊達社長は「沖縄の観光客数はハワイに追いつく勢いだが、観光収入は大きな開きがある」と話し、短期だけなく長期滞在施設を建設し、観光収入増加につなげる考えを強調した。
 瀬底島は、別会社が開発を進めていたが、08年の金融危機の影響で破綻し、約6割が完成した段階で計画が頓挫。森トラストによると、既に完成しているヴィラは活用を検討するが、そのほかの建造物は解体するという。

画像

瀬底島で2021年に開業予定の会員制のタイムシェアリゾート(森トラスト提供)

画像

2020年に開業予定のヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)は約300室を備える(森トラスト提供)