保育園に円筒落下 米軍機の部品か 沖縄、けが人なし

2017-12-07 11:47:00投稿 (記事提供:沖縄タイムス)

 7日午前10時20分ごろ、沖縄県宜野湾市野嵩2丁目の普天間バプテスト教会付属緑ヶ丘保育園の屋上に、ガラス製とみられる円筒が落下した。円筒には「FLIGHT REMOVE」と英語表記のラベルがあり、米軍機から落下した可能性がある。
 円筒は高さ15センチほどで直径10センチほど。8人ほどの1歳児が遊んでいた部屋で屋上から「ドン」という音が響き職員が確認した。落下した物体は熱を帯び、化学薬品のような臭いがしたという。けが人はいない。
 保育園は米軍普天間飛行場の野嵩ゲートから東側約300メートルの住宅地にあり、落下当時62人の園児と職員11人がいた。
 神谷武宏園長は「屋上で落下物に近づくと熱のもわっとした感じがあり、化学薬品のような臭いがした。園庭では子どもたちが遊んでいた。一歩間違えれば大変なことになる」と恐怖を語った。

画像

園舎の屋根に米軍機から落下した可能性がある円筒=7日、宜野湾市野嵩・普天間パブテスト教会付属緑ヶ丘保育園

画像

【拡大写真】保育園に落下した円筒。「FLIGHT REMOVE」との表記がある

画像

米軍機とみられる部品が落下した緑ヶ丘保育園