辺野古新基地:工事資材、午前中に115台が搬入

2018-02-13 12:44:00投稿 (記事提供:沖縄タイムス)

 名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で13日午前9時、コンクリートミキサー車や砕石などを積んだ車両115台がゲート内に工事資材を運び入れた。新基地建設に反対する市民約25人が座り込んで抗議したが、沖縄県警の機動隊に排除された。
 正午には2度目の搬入が始まり、市民らが「違法な工事に加担するな」と声を上げた。
 シュワブ沖では辺野古新基地護岸「K4」「K2」で被覆ブロックが設置された。市民のカヌー隊がフロートを越えて抗議行動を展開した。

画像

工事資材を運ぶ車両に向け抗議のプラカードを掲げる市民ら=13日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前