幻の味を再現 沖縄そばのルーツ「唐人そば」、選ばれし60人が堪能

2018-04-16 10:16:00投稿 (記事提供:沖縄タイムス)

 沖縄そばの魅力を県内外に発信しようと沖縄そば発展継承の会(野崎真志会長)が、1902年に那覇市西町に開業した県内初のそば店「観海楼」の「唐人そば」を再現した。15日、那覇市の県男女共同参画センターてぃるるで試食会が開かれ、60人が沖縄そばのルーツに思いをはせながら舌鼓を打った。
 昨年10月~今年2月末まで同会が主催した「沖縄そばスタンプラリー」の特典企画。多くの店舗を回った上位参加者と、抽選で選ばれた計60人が招かれた。
 同会は、沖縄そばの研究報告書や観海楼の新聞広告などをヒントに約10カ月を費やして1世紀も前の「幻の味」を再現した。
 「しょうゆ味の黒いスープ」だったという記録や、かつお節を使わない文化の唐人の料理人が作っていたことから、豚だしベースに濃口しょうゆで味を調えたスープに仕上げた。昔の沖縄そばを知る高齢者の証言も参考に、麺は太めでもちっとした食感の「木灰そば」風にした。
 沖縄そばスタンプラリーの常連だという新屋博之さん(39)=沖縄市=は「麺とスープの相性がいい。見た目はしょうゆラーメンだけど、ラーメンよりずっとあっさりめ」と予想外の味に驚いていた。

画像

黒いスープに太麺の「唐人そば」を楽しむ参加者=15日、那覇市西・県男女共同参画センターてぃるる