甘くて大きい! 沖縄産イチゴ「美ら島ベリー」わしたショップで一般販売

2018-08-10 10:15:00投稿 (記事提供:沖縄タイムス)

 沖縄セルラーアグリ&マルシェ(那覇市、國吉博樹社長)は9日、沖縄県内初のICT(情報通信技術)を活用した無農薬のイチゴ「美ら島ベリー」の一般販売を始めた。わしたショップ国際通り店で購入できる。1パックに約5センチ前後のイチゴ4粒入りで、税込み460円。今後、わしたショップの空港店やイオンモール沖縄ライカム店での販売も目指す。
 「美ら島ベリー」は大宜味村内の完全密閉工場で水耕栽培された無農薬のイチゴ。これまで県内大手菓子店にケーキ加工用で卸していた。
 9日、同店で美ら島ベリーをPRする試食会があった。中学時代の同級生で観光に訪れた倉敷治央(はるひさ)さん(19)、大森隆治さん(19)は「甘くておいしい。サイズも大きくて食べ応えがあった」と笑顔を見せた。
 わしたショップを運営する県物産公社企画物流課の後藤友興班長によると、わしたショップで県産イチゴを扱うのは初めて。「年間通して安定供給できるのは大きな魅力だ」と売り上げを期待した。
 アグリ社の國吉社長は「県民はもちろん、食べ歩きが好きなインバウンド客や県外観光客においしい県産イチゴを味わってほしい」と話した。

画像

水耕栽培された無農薬イチゴ「美ら島ベリー」=9日、わしたショップ国際通り店

画像

美ら島ベリーを試食する家族連れ=9日、わしたショップ国際通り店