米軍ヘリ炎上に抗議の声、辺野古ゲート前でも

2017-10-12 12:24:00投稿 (記事提供:沖縄タイムス)

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で12日午前、新基地建設に反対する市民らが集まり、東村高江の民間地で米軍ヘリが炎上したことに「怒りを持って抗議する」「断固糾弾しよう」などと抗議の声を上げた。
 各地域から集まった市民のリレーあいさつでは、「欠陥機が沖縄の空を昼夜問わず飛んでいる危険な状況があらためて明らかになった」「沖縄県民の命をどう考えているのか。絶対に許せない」と怒りをあらわにした。
 シュプレヒコールや歌で新基地建設の阻止や米軍普天間飛行場の撤去・閉鎖を訴え、「団結してあきらめずに頑張りましょう」と呼び掛けた。

画像

「違法工事するな」「ヘリ基地撤去」などとシュプレヒコールを上げる市民ら=12日、名護市辺野古、米軍キャンプ・シュワブゲート前