「オーバーヘッド」の意味とは?IT・ビジネス・サッカーでの意味と使い方を例文で詳しく!

パソコン

IT業界などでよく使われている『オーバーヘッド』には、『頭上にあること』という意味があります。

情報技術が発展し、社会のデジタル化が進む中で、IT用語に関する知識が求められる仕事も増えています。

言葉の意味を理解することで、自分自身のスキルアップや自己成長にも繋がるでしょう。

この記事では『オーバーヘッド』の意味や、シーン別での使い方や例文などを分かりやすく紹介します。

目次

オーバーヘッドの意味は2パターン

オーバーヘッドは、

  1.  頭上にあること。頭上を通ること。「オーバーヘッド―」「オーバーヘッド―」
  2. 《間接費の意から》コンピューターで、ある処理を実行する際に発生する付加的な作業とそれにかかる時間のこと。ふつう、システム全体の負荷になるものを指す。

引用:goo辞書

オーバーヘッドは英語で『overhead』と表記され

・頭上にあること、頭上を通ること

・コンピューターで、ある処理を実行する際に発生する付加的な作業とそれにかかる時間のこと

などの意味があります。

カタカナ語のオーバーヘッドは『overhead』が語源となっており、各分野ごとに少しずつ違う使われ方をしていますので、詳しく見ていきましょう。

IT業界でのオーバーヘッドの意味はコンピューターの処理を実行するのに付随する作業

IT業界で使われるオーバーヘッドには、コンピューターの処理を実行するのに付随する作業という意味があります。

オーバーヘッドの意味①『コンピューターの処理を実行するのに付随する作業』

オーバーヘッドは、コンピューター用語としては、あるコンピューターの処理を実行するのに付随する作業を指すものである。たいていは、処理に時間がかかるようになるなど、システムの負荷になるものを指す。

引用:IT用語辞典バイナリ

『オーバーヘッド』には

・コンピューターの処理を実行するのに付随する作業

などの意味があります。

B男

オーバーヘッドを失くすことはできないが、最小限にすることは可能だ。

オーバーヘッドの各業界ごとの意味

『オーバヘッド』は、ビジネスやサッカーなどでもよく聞く言葉です。

各業界での意味をしっかりと理解し、シーンに合わせて使い分けていきましょう。

ビジネス『経費の、間接費の』

〔企業の〕経費の、間接費の

引用:英辞郎

ビジネスでは、『経費の、間接費の』という意味で使われています。

B子

来年度の目標の一つにオーバーヘッドの削減がある。

サッカー『空中に上がっているボールを頭越しに蹴ること』

オーバーヘッドキックは、空中に上がっているボールを、蹴る先に背を向けた状態で体を後方に倒し、頭越しに蹴ることです。

引用:ホームメイト用語集

サッカーでは、空中に上がっているボールを頭越しに蹴ること』という意味で使われています。

「オーバーヘッドキック」で使用します。

B男

オーバーヘッドキックはアクロバッティクなプレーなので失敗すると死亡する危険性もある。

オーバーヘッドの類義語3選

『オーバーヘッド』の類義語は3つあります。

①天井

上空

③諸経費

類義語①天井の意味

「部屋の上の面」「部屋の上に張った板」を指す語である。転じて、「ものの最も高い部分」や「物価や相場の最高値」を指す意味でも用いられる。

引用:Weblio辞書

類義語②上空の意味

空の上の方。また、ある地点の上にある空。「―に舞いあがる」「東京の―」

引用:goo辞書

類義語③諸経費の意味

諸経費とは、現場経費と一般管理費(本社経費・純利益など)をあわせたものを指す場合が多い。

引用:Weblio辞書

オーバーヘッドの関連用語2選

『オーバーヘッド』を使った関連用語は2つあります。

①オーバヘッドコスト

②オーバーヘッド時間

関連用語①オーバーヘッドコストの意味

間接費(用)、一般管理費、諸経費

引用:英辞郎

関連用語②オーバーヘッド時間の意味

システムが共有リソースを解放した所有者から取得した所有者に提供するのにかかる時間です。

引用:iSUS

オーバーヘッドの対義語・反対語は無し

オーバーヘッドの対義語は、ありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次