コーヒー豆はどこで買う? [沖縄コーヒーカルチャーの"今"]

ただ販売するだけではなく、初めての方でもコーヒーを気軽に楽しむことができ、アドバイスもしてくれるお店をご紹介。

その1杯が救う サンゴの未来

35COFFEE

35メイン



沖縄といえば“青く透き通った海”というイメージがすぐに出る。しかし近年、自慢の海が変化しつつあることをご存知だろうか。
沖縄県民は、日常の中に自然に存在する海の貴重さを知らない人が多いのが現実だ。
そこで、自分たちが住む沖縄のために何かできることはないか、と動き出したのが「沖縄の観光と長寿」をキーワードに活動する「35COFFEE」。現在、海の透明度が薄れてきている理由の一つとしてあげられているのが、サンゴの減少。
サンゴは酸素を作り出すメカニズムを持っていて、海の中の生物に十分な酸素が行き渡らずに、ほかの海洋生物も死んでしまう可能性があるそう。海のジャングルを作る役割を果たしているので、サンゴが減ることで海への影響は大きい。
そのサンゴを使い、手助けはできないかと考え色々と試行錯誤し、行き着いたのがコーヒーだった。少しでも多くの人が日常生活の中で自然に取り入れられて、手に取りやすいかを考えた末、よく飲まれている飲料の上位であるコーヒーに目をつけたのだ。

35サブ


サンゴをどのようにコーヒーに使用しているかというと、風化した骨格サンゴを200度以上まで温めてコーヒー生豆を焙煎し、サンゴ熱でじっくりと焼き上げる方法だ。その作った商品の売上の3・5%をサンゴの再生活動に活用している。

35サブ2


具体的なサンゴの再生活動は、3cm〜5cmのベビーサンゴを管理水槽で移植し、少しずつ経過を診ながら自然の海に移すことで約1年半後には魚が集まる立派な群集になるという流れだ。35COFFEEのホームページにて活動記録を紹介しているので、ぜひ見てほしい。

発売しているものは、コーヒーのほかにも、コーヒー豆の香りを引き立ててくれる泡盛を使ったシュガーレスの「35リキュール」や「35ちんすこう」、「35コットン」など豊富に揃う。様々な企業とコラボし、食品だけでなくTシャツなど幅広いジャンルでサンゴをPRできているのがすごくいい。これらすべての商品の売上もサンゴの再生活動への資金として活用されている。

また、コーヒーの味わいにもこだわり、日本人が好きな味を表現。苦味を抑え、コーヒーが苦手な人でも飲みやすい万人受けを目指した味わいになっている。沖縄の海事情を知らない多くの県民へ伝えたい想いで商品の開発も行い、環境への思いやりを大切にしている。県外への持ち出しが禁止されているサンゴを使った商品は、沖縄でしか作ることのできない唯一無二のもの。その商品で沖縄の環境を手助けできるなら、この1杯でコーヒー習慣を味わいたいとそう思えるはず。

35COFFEE_4


35COFFE自慢のコーヒー豆で作った沖縄限定コーヒー。

35COFFEE_5


ドン・キホーテ内にある清潔感漂うガラス張りの店内。 

35COFFEE_7


グループでのくつろぎタイムにも最適なイートインスペース。

35COFFEE_6


店外には自慢の商品がずらっと並べられていて、手に取りやすい。

店舗情報

住/那覇市松尾2-8-19 2F
電/098-840-7885
営/11:00~20:00
休/無休
P/有り
https://35coffee.com/

2018.2月号

定期的に通いたい 知識が身につく専門店

豆ポレポレ

ポレポレ メイン


お店に入ってすぐの場所に大きな焙煎機があり、コーヒーの香りが漂う。
世界各国の豆がショーケースに並ぶ、まさにコーヒー専門店らしい空間。

ポレポレ サブ


豆の販売を主に、Qグレーダーの資格を持つオーナーが好みに合わせた豆を提供してくれる。
200g購入すると1杯無料サービスしてくれるので、挑戦してみるのもいいかも。
パークアベニュー内にオープンした2号店は、ワークショップやセミナーを行えるお店を目指す。
珈琲を通し輪が広がるのが楽しみだ。


ポレポレ さぶ3


圧倒的な存在感で店内を見守る焙煎機。

豆ポレポレ_4


インドネシア マンデリングルリントン 450円
しっかりとしたコクとハーブのような香りが特徴。後口に甘い余韻が残る。

豆ポレポレ_5


豆ポレポレ_6


店舗情報

住/沖縄市高原6-13-8
電/098-927-3260
営/13:00~19:00
休/木・土曜
P/有り

2018.2月号

普通の生活をやや面白く 焙煎・栽培を全て手がける

DONABE-COFFEE

名護に軒を構える「DONABE-COFFEE」は、独自の焙煎方法「土なべ焙煎」で、さっぱりとした飲み口で優しい味わいに仕上げている。

代理テキスト


ブラジルピーベリー 100g 450円
飲みやすくマイルドな口当たり。ナッツの香りが芳ばしく、ほかの豆との相性も◯。

無題


店舗情報

住/名護市城1-22-2
☎︎/0980-52-5003
営/11:00〜19:00
休/第3土・日曜
P/有り

2018.2月号

長年の技術で生まれた 甘味系コーヒー

遠赤自家焙煎・珈琲豆専門店 コーヒーMIYAMA

無題


豆を豊富に取り揃えている「コーヒーMIYAMA」。焙煎技術に遠赤外線を採用しており、品質を損なうことなく美味しい豆を提供している。

代理テキスト


アイス珈琲No.1 100g 460円
国内ではここでしか味わうことのできないコーヒー。苦味と酸味がなくとても飲みやすい。

店舗情報

住/那覇市久米1-3-11
☎︎/098-868-7555
営/10:00〜20:00
休/日曜
P/無し(近くにコインP有り)

2018.2月号

唯一無二の前衛的焙煎 出会いを大切にする珈琲

まるい珈琲

代理テキスト


おんなの駅の一角で販売している「まるい珈琲」は、手作りの木炭焙煎釜で16種類の世界中のスペシャリティービーンズを手焙煎している。

マンデリン 200g 1,080円
深煎り焙煎で香り豊かに仕上げている。カフェインも少なく、奥深い優しい味が特徴。

まるい珈琲_2


店舗情報

住/恩納村仲泊1656-9
☎︎/090-1947-9716
営/10:00〜18:00
休/無休(土・日曜のみ試飲可能)
P/有り

2018.2月号

コーヒー苗から豆まで こだわり抜いた珈琲が揃う

珈琲専門店 Purecastle珈琲

代理テキスト


県内で唯一のアドバンスド・コーヒー・マイスターが時間を掛けて厳選・焙煎したこだわりのスペシャリティー・コーヒーが揃う。

無題


グアテマラ COE2017 アロテペケ
2017年のコーヒー国際品評会で受賞した豆。まろやかなコクと甘みが特徴的。

無題


店舗情報

住/豊見城市豊崎1-40
☎︎/098-927-1616
営/12:00〜19:30(土・日曜、祝日は10:00〜20:00)
休/不定休
P/有り
http://purecastle.hp.gogo.jp/pc/

豊かな自然とともに 自らの手で作る一杯

又吉コーヒー園

代理テキスト


沖縄県産のコーヒーをご存知だろうか。その実態を知るために東村でコーヒーを栽培している農園に話を訊いた。

コーヒー豆


赤く熟れたコーヒー豆。豆だけでなく、果肉の部分はジャムにもできる。

那覇市天久から車で約2時間。やんばるの豊かな自然に囲まれた東村慶佐次にある「又吉コーヒー園」。
2年ほど前に「沖縄かぐや姫」という名前でバラ園を経営していたが、知人からの勧めによりコーヒーの栽培を始め、今ではコーヒー園としてオープンできるようになった。「沖縄でコーヒーの栽培ってどうなんだろう?」と思うかもしれないが、驚くなかれ最近のコーヒー事情は驚くべき発展を遂げており、その発展の流れに又吉コーヒー園も含まれているのだ。沖縄は「コーヒーベルト」というコーヒーの木を栽培している地域が集中している範囲の北側に属しており、栽培に適した環境を持しているのだ。そんな環境で栽培しているコーヒーは、ブラジルのアラビカ種を含む数種類の樹。苗からではなく、種から栽培を始めた。

無題


収穫した豆は果肉を剥き、焙煎に。まだコーヒーの香りはしない。

なぜ苗から始めなかったのかと問うと「苗から始めると何かしらの病気を持っている可能性がある。それで種から始めました」とオーナーの又吉晃さんは語ってくれた。農園内にはすでに1,000本ほどのコーヒーの木が植えられているが、その内300本ほどしかコーヒーの実を収穫することができない。その約300本から収穫される貴重なコーヒー豆はとても味わい深い。オーナーの息子であり社長でもある又吉拓之さんにもともとコーヒーは好きだったのかと問うと、そこまで好きではなかったという。もともとプロゴルファーだったという拓之さんは「コーヒーを飲むと交感神経が刺激されるのか、手が震えてしまって試合に集中できなくなる。そのため、あまり飲むことがなかった」と語る。しかし、オーナーの晃さんが作るコーヒーが新しい産業になるのではと考え、プロゴルファーから転身。「コーヒーは向き合えば向き合うほど、新しい魅力を伝えてくれる。今ではコーヒーを飲むと心が落ち着くし、まったりできる時間が楽しめる」と語ってくれた。

焙煎


焙煎の工程。浅煎りか深煎りかを調節可能。コーヒーの香ばしい香りが漂う。

沖縄でコーヒーを栽培するには1つ問題点がある。それは、「風」だ。コーヒーの木は風にとても弱く、台風がよく襲来する沖縄では、とても気を使って栽培しなければならない。今回、取材する中で農園に赴いたが、ネットで囲ったりパイプで支えを作ったりするなどコーヒーの木を風から守る工夫が各所に施されていた。このような工夫は誰からか教わった訳ではなく、以前バラ園で行っていた技術と試行錯誤を駆使して育てている。そこまでするのは「美味しいコーヒーを味わってほしい」という想いがあってこそ為せることだ。
また、コーヒー園では栽培したコーヒー豆を収穫し焙煎、ドリップまで体験することができる。自身の手で作ったコーヒーは、今まで体感することのなかった収穫という工程があるためか、とても味わい深く感動の一杯になること間違いない。「コーヒーの焙煎を家庭でも気軽に楽しめる。その想いと体験を通して、感じて欲しい」とオーナーの晃さんは、拓之さんと強い想いとともに今日もコーヒーと向き合っている。

煎れる


そして、試飲に。口当たりが優しく、ほのかな甘味が口一杯に広がる。

今回、焙煎体験の際に浅煎りでコーヒーを味わったが、あっさりとした口当たりの中にフワッとした甘味が口いっぱいに広がった。大自然の中で、かつ自身の手で作ったコーヒーは、ほかのものとは比べ難い至高の一杯となった。この一杯をまた味わうために、この場所に足を運びたい、またあのコーヒーを味わいたいと思う人が増えていくのかももしれない。

店舗情報

無題


東村にあるこちらでは、隣接する農園でコーヒーの収穫体験と焙煎体験ができる滞在型コーヒー農園リゾート。広大な園内にはコテージやキャンプ場があったりと、家族でも楽しめる。体験を通して味わう一杯は、思い出深いものになるだろう。

無題


カフェ内「ベーカリーCoo」で、天然酵母と国産小麦で作ったパンを提供。

無題


農園内ではマンゴーも栽培しておりスイーツとして味わうことができる。

無題


レギュラーコーヒー(100g) 1,500円
沖縄産とスペシャルティコーヒーをブレンドしたここでしか味わえない貴重な豆。

住/東村慶佐次718-28
☎︎/0980-43-2838
営/09:00〜17:00
休/不定休
P/有り
https://matayoshicoffee.jp